読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーマンダの曲射

大学生が綴る日常の中の非日常

卒業旅行

 

 

3月22日~3月24日、友人三人との卒業旅行的なものをしてました。

帰宅当日に途中まで書いて寝落ちして、続き書くの忘れてたことを今頃思い出しましたwww

また思い出を残すための自己満足記事でしかも長くなるので流し読みでもしていただければと

 

 

 

一日目は東京駅に7時に集合して7時24分発の東海道線に乗りました。

朝から東京で駅弁、牛たんど真ん中を買って食しました。おいしかった(こなみ)

熱海駅に着いて乗り換えまで少し時間があったんで駅前の足湯に浸かることに。そしたら突然友人の一人がズボンをめくらないどころか、靴下のまま足をつっこんで「濡れたあああああ」って叫んでました。マジキチ☝ (՞ਊ ՞) ☝f:id:iNoke:20140322093216j:plain

 

次に東海道本線をそのまま西進して、島田で乗り換えた後、浜松に向かいました。

浜松でちょうど昼飯の時間になったので「浜松といえばうなぎ」という安直な考えでうなぎになりました。

おいしかったぞぉ^~

f:id:iNoke:20140322125548j:plain

(ブレてるのはご愛嬌)

 

そこから岐阜、米原で乗り換えて目的地の彦根へ。

ホテルにチェックインした後で温泉に入り、飯食いに城下町らしきところに向かって、お好み焼き食べました。

味は普通だった((

それにしてもなんで関西に行って広島風のお好み焼きを食べないといけないのか・・・

下の写真は温泉から飯に行った時に通った彦根城のライトアップのもの。

f:id:iNoke:20140322201503j:plain

 

この日の夜はみんなで夜更かしして馬鹿騒ぎしてました。友人の一人がわざわざ1000円のテレビカード買ってきて、AV見てたりだとかww

隣の部屋の人には申し訳ないと思ってます・・・

 

 

翌日は彦根城に観光へ

開く時間の問題的に朝はゆっくり、コンビニで朝飯買ってきて9時頃にチェックアウト。

僕は世界史地理選択ですが、信長の野望やる程度には戦国時代とかは好きなのですごい楽しかったです。武田の赤備えを受け継いだ井伊家の居城・・・赤い甲冑とかかっこよすぎます。

そして、やつに出会ってしまった・・・

f:id:iNoke:20140323103351j:plain

ひ こ に ゃ ん

こいつに中の人がいるとかいう僕には理解しがたい話を唐突に切り出した友人はきっとまだ彦根城で強制労働させられてます。今思えばあれが今生の別れだった・・・

 

そしてこの日も昼頃から移動開始。

まずは京都駅を目指して行きました。

そして京都駅で駅弁買おうと思った時に京都の人がいたらオススメを聞こうとTwitterで聞いたんですが、誰からも反応ありませんでした。こんなクソ田舎誰も住んでねえよなぁ!!?

(※私は京都好きです)

 

ここから北上開始。僕以外誰も鉄道把握してない状況(僕はいちおう中学上がるまで鉄道好きだった)で、これ以降は僕も行ったことない土地だったので緊張しました。

それでも慎重に駅員さんに確認しながら園部、福知山と乗り換えて北近畿ダンゴ鉄道に乗り、天橋立に着きました。

道中、駅員さんが京都弁だったのと、H2Oやこの青空に約束をに出でくるようないわゆる田舎だったのがすごく感動した(小学生並)

 

天橋立駅に着いたのが大体6時半から7時の間ぐらいで、駅の隣にある温泉にとりあえず入りに行きました。これが悲劇を招くとも知らずに・・・

 

お風呂から上がってさっぱりしたところで夕食を食べることに。

もちろん観光地なので駅前はけっこうお店が立ち並び…って全部閉まってる!!?

僕らが泊まったユースホステルはけっこう山奥みたいなんでここで食べないと…と思ってたのにマジで一軒も開いてなかった;;

仕方ないから駅前に一台だけ止まってたタクシーの運転手さんにお店を聞いてみることに・・・

色んなところに電話かけてもらってこの時の運転手さんには本当に感謝してます。。。

で、どうにか探してもらってそこに食べに行くことに。ホテルにそこそこ近く、駅からは遠かったのでタクシーに乗って運転手さんと話してたのですが、、、やはりこういうところは皆旅館で夕食を済ませてしまうらしく、町全体がそういうスタンスで早く店じまいしちゃうらしいです。

旅にトラブルは付き物ですが、こういうところまで頭回りませんでした・・・反省

 

無事夕食も済ませて、食事したところでホテルへの道を聞き、隣のスーパー(9時で閉店w)夜中と朝の食料を買い込みいざホテルへ!!!

と思ったんですが、ここでまたアクシデントw

言われた通りの道を進んでいったら街灯が一つもない道に入り、眼前には竹林というところに出てしまいました。マジで真っ暗で足元どころか友人の顔すらろくに見えなかったです。いかに僕らが普段から文明に頼ってるか・・・

これはあとから知ったことなんですが、どうやら案内板がちゃんとあったらしく、僕らが向かった9時頃は街灯がほとんどない住宅街では視認できなかっただけみたいですwww

で、なけなしの充電でホテルの人に電話して指示を仰ぎながらどうにか到着・・・

こんなことがあったにも関わらず、相変わらず夜中まで騒いでました。高校生って元気だなぁ(浪人生並の感想)

 

 

最終日も町が始動する時間に合わせて少しゆっくりめの起床

ユースホステルの愛想の良いおじさんに別れを告げて隣にあったパワースポットの神社で当時補欠状態だった友人の繰り上げ合格を全員で祈りましたw

余談ですが、彼は3月の本当に最後のほうに繰り上げ合格がきて、某大学の医学部に進学しました。

 

そして天橋立が一望できる丘へ

f:id:iNoke:20140324090527j:plain

ぶっちゃけ天橋立日本三景とか言いながら大したことないんだろうなぁと思って行ったらすごくきれいだった。これは写真で見ても伝わらないから是非行ってみてほしいなと思います。

そして天橋立を40分かけて徒歩で渡ることにw

一本道なのに友人の一人が迷子になりました。どうしてや・・・w

そして反対側からの展望スポットへ

f:id:iNoke:20140324114716j:plain

こちらも良かったですが初めのほうが個人的には好きです。

 

お昼ご飯に駅前のお店で地元のイカ食べました。おいしかったです。(小学生イカの感想)

\ドッ/

 

まあ、その後なんやかんやして天橋立を離れることに・・・

旅の終わりはやっぱり少し寂しい;;

 

帰りは西舞鶴、綾部、園部と乗り継い京都へ

途中、綾部で一時間ぐらい電車来なくて町散歩してました。田舎の闇を感じたぜ

 

京都ではお土産と夕食の駅弁を買って新幹線に。

自由席めちゃくちゃ混んでてみんなバラバラに座ったのでケチらずに指定席買えばよかったなーっていうのがこの旅最初にして最後の後悔でした。

品川で降りる人もいれば、東京で降りる人もいたので品川に着く直前にみんなで握手を交わしました。みんな進学先が違って、しばらく会えなくなるからね。

友情っていいなーって思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【後日談】

翌日、このメンツ+αでカラオケ、ボウリングと遊びました。

なんなんだコイツら・・・僕の熱い握手返せよ・・・

 

 

長い自己満足記事に最後まで付き合ってくれた方、ありがとうございました。