ボーマンダの曲射

大学生が綴る日常の中の非日常

趣味あれこれ

昔から「趣味は?」って聞かれたらバイオリンって答えてたけど、色々あって中学生でやめてしまった。

じゃあ最近は何て答えてるか。
ゲームやアニメって答えても嘘ではないけど、何か嫌だ。
無難な答えである読書もあんましないし、しても超偏食。
だから僕はこう答えてる。「サッカー観戦」と



そもそも僕がサッカーを見るようになったきっかけは何か。

昔からワールドカップとかの代表の試合は見てた。
日本の他に昔住んでたイングランド代表の試合も見た。

そのイングランド代表の中に古くからいてすごい選手がいた。

その選手の名前はスティーブン・ジェラード

まあ、当時はなんとなくすごい選手がいるなー程度だった。

そして(恐らく)高2の時、某動画サイトでジェラードのゴール集というのを見た。
当時見たものとは違うけど、似たような動画を貼っておくから気になった人は見てみてください。いや、みんなに見てもらいたい。

【Liverpool】 スティーヴン・ジェラード砲 ~完全版~ ‐ ニコニコ動画:GINZA

いや、なんというか、とにかく凄かった…。
クソにわかの水準にすら達してなかった僕にすら分かる凄さ。
単純明快、ゆえにかっこいい。

気持ち悪い言い方をするとこの時にこの選手に恋をした。自分でもとても気持ち悪いけど



そのジェラードが所属してたのがリヴァプールFC

f:id:iNoke:20160117125215j:plain

僕はこのチームを応援しようと決めた。

ジェラードはこのチームの生え抜きの選手で若い頃からキャプテンを務めてチームを牽引してきた、いわゆるチームの顔。ザ・キャプテン

調べれば調べるほどこのチームには歴史があって興味を持っていった。

80年代にはイングランドサッカーを席巻したと言っても過言ではないほどの黄金期。
2005年のチャンピオンズリーグ(欧州で一番強いクラブチームを決める大会)の決勝では前半時点で3-0で負けてた中でも後半に追いついてPK戦の末に優勝したイスタンブールの奇跡

他にもあるけど、色々と面白い歴史を持つチームということでジェラード自身だけでなくリヴァプールというチームにものめり込んだ。

2014年にはイングランドプレミアリーグの優勝まであと一歩の快進撃を見せた。

だけど、残念ながら最近はお世辞にも強豪とは言えない。正直弱い。
しかも2015年にはジェラードも退団してしまった。



でも、そういうチームだからこそ応援してて楽しい。

これは僕の持論だけど、優勝するだろうって言われてる個人・チームを応援するよりは多少下剋上できる立場にいる個人・チームを応援したくなる。
そっちのほうが応援してた個人・チームが勝った時の喜びが大きいから。僕はどの競技でもそう。



まあ、そんなわけでサッカーを見るのがとても好きになった。

昔から球技は全般的に見るの好きだったからたまたまある個人の選手を好きになったのをきっかけにサッカーに偏重していったって話。
今でもバスケや野球を見るのは好きだけど、サッカーほどの熱はない。
僕の野球は巨人の一番二番が仁志清水だった時代で止まってるwww

サッカーの魅力とか語ろうと思えば語れるけど、そりゃあ野球とかにだって魅力はあるし、なんだかなーってなってしまう。

だから結局は趣味なんてちょっとしたきっかけで見つかるものだから、何にでも積極的に興味を持って触れていきたいなあと思う今日この頃というわけなのですよ。