ボーマンダの曲射

大学生が綴る日常の中の非日常

お伊勢参り+和歌山

"2016年の"11月の16~18日で伊勢神宮に行った。

 

 

 

 

 

 

 

16日

朝6時過ぎに家を出て東京から新幹線に乗って名古屋へ

名古屋から近鉄に乗り換え、桑名で養老線で多度へ

 

f:id:iNoke:20161116111133j:plain

 

多度駅

田舎・・・

 

f:id:iNoke:20161116100613j:plain

 

目的は多度大社

 

f:id:iNoke:20161116101128j:plain

 

f:id:iNoke:20161116101335j:plain

 

f:id:iNoke:20161116101704j:plain

 

大社ってついてることからも分かるようにこれがまたけっこう由緒正しき神社で、お伊勢参りをする前はここに寄るべきだと言われてたとか

 

f:id:iNoke:20161116104650j:plain

 

電車までの時間が余ったので周辺散策

柑橘系(みかん?)を栽培してるところが多かったなーという印象

 

その後同じルートで桑名まで戻って近鉄伊勢市駅

 

周辺を散策してると大量に神社があることに気づく

以下がそのうちの一個

 

f:id:iNoke:20161116132454j:plain

 

f:id:iNoke:20161116132621j:plain

 

月夜見宮という名前を見て某key作品のヒロインやS県月宮を思い出すのは僕だけでないはず・・・)

 

伊勢神宮に向かう途中の商店街的なところでお伊勢うどん(何か色々特有のやつ)を食べ、酒屋で地酒を飲んだ

 

そしてメインディッシュの伊勢神宮

伊勢神宮は内宮と外宮に分かれてるが、まずは外宮に

本来は内宮からとか何とか色々あるらしいが、まずは近いほうから

 

f:id:iNoke:20161116135349j:plain

f:id:iNoke:20161116135741j:plain

f:id:iNoke:20161116140028j:plain

f:id:iNoke:20161116140214j:plain

 

うーん、良い!!!

明治神宮同様、やはり何とも言えない厳かな雰囲気がある

 

この日は内宮に行く時間はなく、内宮のすぐ隣にあった宿へ

おかげ横丁など色々散策したが、こういう地あるあるなのが夕食はみんな宿で取るので食事するところはすぐに閉まってしまうというやつ

まあ、ある程度想定はしていたが・・・

 

というわけでクソ田舎で県道沿いなのに街灯がほとんどなく真っ暗な中、2kmぐらい先のイオンまで歩き、帰りにコンビニで飲み物など色々買った

まあ、こういう時のために常に懐中電灯を持ち歩いてるから良いのだが・・・

 

途中、真っ暗な神社に入ったのだがめちゃくちゃ怖かったし、どうやら夜遅い時間帯は入ってはいけないらしく、すぐに引き返した

 

夜はたまたま大学の部活の用事で伊勢に来ていた高校の友人と宿で酒を飲んで就寝

 

 

 

翌17日は6時半頃起床、7時に宿を出た

 

f:id:iNoke:20161117073532j:plain

 

朝のおかげ横丁

喧噪はなく、これはこれで好き

 

そして内宮へ

 

f:id:iNoke:20161117074028j:plain

 

朝日の射す入り口、尊い

 

f:id:iNoke:20161117074314j:plain

 

f:id:iNoke:20161117074447j:plain

 

f:id:iNoke:20161117075126j:plain

 

f:id:iNoke:20161117075330j:plain

 

f:id:iNoke:20161117075821j:plain

 

f:id:iNoke:20161117080553j:plain

 

朝で涼しく、まだ観光客もさほど多くなくて静かで、朝日がキレイだったっていうのもあったかもしれないが、雰囲気は抜群に良く、外宮よりも内宮だなと思った

余談だが出雲大社の時もそうだったが、あまりにお賽銭入れるところが多すぎて小銭がなくなり、最後のほうは100円玉入れてた・・・

 

f:id:iNoke:20161117091938j:plain

 

赤福の本店

半分の月がのぼる空』の大ファンである僕は甘いもの嫌いとは言えいつか来たいなとは思っていた

せっかくなので食べたけど、甘くて無理・・・

 

f:id:iNoke:20161117094036j:plain

 

内宮から近くにあった猿田彦神社

何か後から調べたところによるとパワースポットとして有名らしい

 

f:id:iNoke:20161117101002j:plain

 

そっから歩いて宇治山田駅

駅構内で伊勢のクラフトビールを買ってホームで飲んでた(こいついつも昼間から酒飲んでんな)

これ持論なんだけど、地ビール的なのがうまいのってかなり稀で基本的には有名なビールのほうがうまいよね。つまりはそういうこと

 

宇治山田から近鉄に乗って伊勢神戸というところで乗り換え、伊賀鉄道上野市駅

 

f:id:iNoke:20161117145646j:plain

 

上野市駅伊賀上野城

(駅と城両方映そうとしたらこういう不格好な写真になってしもうた)

 

f:id:iNoke:20161117140257j:plain

 

伊賀上野城

丁度紅葉がきれいだった

 

伊賀といえば忍者

というわけで伊賀流忍者博物館というところに行った

まあ、楽しかったし、小さい子とかはすごく楽しめそう

 

f:id:iNoke:20161117142936j:plain

 

散策中に見つけた神社

 

そんなわけで滞在時間は短かったものの伊賀上野と楽しんだ僕は次の目的地へ

なんば経由で南海電鉄で和歌山に向かった

 

和歌山市駅で下車後、17時過ぎだったので観光もできずホテルへ

少し休んだ後、ホテルのすぐ近くで見つけた居酒屋、「紀州のしずく」へ

しかし!満席だったため、店は違うものの経営が一緒なため同じ料理や酒が楽しめると言われて二階の「worldwide bar!! Cantera」という店へ

居酒屋というよりバーって感じの店

日本酒や地元の料理を食べに来たんだけどなぁ…と思った

が、しかしこれがなかなか良い選択に

まず、店のオーナーらしき人とすごい打ち解けた。和歌山のおいしい酒や食べ物を勧めてくれるだけでなくて、地元の良いところやこのような店をやっていく熱意などすごく多くのことを語ってくれ、さらには自分の話も熱心に聞いてくれる…。本当に良い店に出会ったなぁと思った

また、隣に座った人たちとも楽しく話すことができた

そんなわけで18時半ごろには店に入ったのだが夜中の2時近くまで居座ってしまった・・・w

どの時間帯も他の客がいない、またはいても一組だったとは言え、本当に申し訳ないことをしてしまった

 

この日は帰ってそのまま就寝

 

 

 

最終日の18日、遅めに9時頃出発

まずは和歌山城を目指した

 

f:id:iNoke:20161118125502j:plain

 

f:id:iNoke:20161118130405j:plain

 

f:id:iNoke:20161118131417j:plain

 

f:id:iNoke:20161118133922j:plain

 

f:id:iNoke:20161118132903j:plain

 

決して古い天守閣とかそういうものではないが、徳川御三家の一つ紀州藩の城だっただけあり、それなりに大規模で、見晴らしももちろん良かった

 

f:id:iNoke:20161118140030j:plain

 

f:id:iNoke:20161118140808j:plain

 

地上から見た和歌山城

紅葉と城という景色は何度見ても良い

 

下りたら城からすぐにあった和歌山市観光土産品センターで様々なお土産を買った

 

そしてJR和歌山駅まで散歩することに

さっき買ったお土産に加え、伊賀上野でも地酒を買っており、荷物の量が大変なことになり、さらには和歌山駅付近で前日に居酒屋の人に勧められた梅酒も買ったのでとりあえず荷物をどうにかしなければということに

 

携帯で調べて近くの宅配センターまで歩き、全ての土産を郵送した

 

心身ともに軽くなった後はたま駅長で一躍有名になったわかやま電鉄に乗ることに

 

f:id:iNoke:20161118142938j:plain

 

こんな感じのかわいらしい電車に乗って貴志駅まで

 

f:id:iNoke:20161118150759j:plain

 

貴志駅の駅舎

猫をイメージしたやつ

ちなみに二代目のたま駅長の写真も撮ったがうまく撮れてるのがなかったので割愛でw

 

f:id:iNoke:20161118152216j:plain

 

時間があったので貴志駅周辺を散策した時の写真

なーんもなかったが、たまにはこういうのどかな田舎もいいかなと

 

f:id:iNoke:20161118153608j:plain

 

f:id:iNoke:20161118153729j:plain

 

帰りもかわいらしい電車で

毎回全く違った車両を運行してくれるのは楽しめてありがたい

 

そして和歌山駅に戻ったら特急くろしおで新大阪まで戻り、新幹線で東京に帰った

 

 

 

 

 

 

 

以上、三重と和歌山に行ったときの記録でした

 

伊勢神宮は本当に良かったし、さらには明治神宮は東京のど真ん中に伊勢神宮のように大きな神社があって本当にすごいなと改めて思った。

和歌山は正直な話、さほど大きな見所はなかったように思う。だけど、たまたま入った店で本当に大切な思い出ができたし、和歌山に対する印象も相当良いものになった。

こうやって店で働いて楽しい思いをさせてくれる人たちは本当に素敵だなと思ったし、何よりこういうのが一人旅の醍醐味で、これだからやめられないなと思った。

 

総じて本当に楽しい一人旅だったように思う。

伊勢神宮と居酒屋…どちらも全然違って後者は一見くだらないように思えるが、自分にとっては大切なもう一回訪れる動機になった。

 

 

 

 

 

P.S.

去年の旅行記をいつあげてんだよって話ですね、本当にサーセンwwwww

何か愛媛のやつ書いてたら勢いでそのまま書けました(?)

何だかんだ書いてて楽しいし、大切な旅の記録にもなるのでこれからはサボらず書きたいなと思いました(思っただけ)(どうせまたサボる)

 

というわけで読んでいただいてありがとうございました。